女性のびまん性脱毛症とは?原因と対処法を徹底解説!

びまん性脱毛症で悩む女性は増加しています。

びまん性脱毛症を良く知って、その原因と対処法を解説します。

この記事を読んで自分がびまん性脱毛症かどうかはっきりさせ、貴女の髪を守りしっかりと改善させましょう。

この記事を読むと下記のことが解消されます。

  • びまん性脱毛症ってどんなタイプの薄毛?
  • こんな人はびまん性脱毛症になりがち!
  • 今すぐできるびまん性脱毛症対策方法とは

知らないと怖い!びまん性脱毛症になるとどうなるの?

髪がいつの間にか減っていてボリュームが出にくいと感じませんか?

びまん性脱毛症とは女性に多くみられるタイプの薄毛です。

毛髪が全体的に薄くなる脱毛のことです。

男性は多くの場合頭頂部を中心に脱毛が見られますが、びまん性脱毛症は髪全体のボリュームが減ってきます。

びまん性脱毛症が進行すると毛髪が減って年齢よりも老けて見られるため、どうしても気分が落ち込みストレスを感じることがあります。

老けて見られるのは髪のせいだなんて

びまん性脱毛症の発症はストレスも要因となるため、悪循環となります。

貴女は大丈夫?びまん性脱毛症って怖い!

びまん性脱毛症を放置すると、頭髪が薄くなり地肌まで透けて見えるようになります。

同時に見た目も大きく変わるため、女性はふさぎがちになり、心理的なストレスは大きくなります。

ストレスを感じ、人との接触を避け引きこもりうつ病までも引き起こしかねません。

ストレスを溜めないことが大切です

ストレスが要因でびまん性脱毛症になって、びまん性脱毛症でさらにストレスを感じて…悪循環ですね。

 

びまん性脱毛症は、ストレスや加齢によるホルモンバランスの乱れで誰にでも起こり得るのです。

びまん性脱毛症の原因を放置すると…

びまん性脱毛症とは、加齢により女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位となりホルモンバランスの乱れに起因すると言われています。

加齢だけでなく、出産後に起こることもあります。

脱毛症との名称ですが、脱毛するのではなく、今ある髪が軟化して細くなってしまうため、頭髪全体が薄くボリュームが減ったように感じてしまいます。

また、ストレスも大きな要因となります。

加齢のせいだけではありません

急激なダイエット、不規則な生活、暴飲暴食、大きなストレスなどの生活習慣も見直す必要があります。

今すぐやめて!女性の薄毛の間違った対策とは?

加齢による脱毛はある程度防ぐことが可能です。

髪が薄いことを気にして脱毛しないようにシャンプーの回数を減らしたり、ブラッシングをおろそかにしていませんか?

地肌を清潔に保ち、頭皮の血行を良くすることは薄毛予防にとても大切です。

頭皮の血行と清潔さがポイントです

シャンプーの回数を減らしたり、すすぎが不十分だと頭皮の炎症の原因にもなります。

脱毛を恐れるあまりシャンプーをおろそかにすると、脱毛を促進していることになるのです。

また、シャンプー後もしっかり頭皮を乾かさないと雑菌の温床にもなってしまいます。

女性の薄毛をストップさせる3つの最重要ポイントとは

加齢による脱毛は対策が可能です。

  • 地肌を清潔に保つ
  • 頭皮の血行を良くする
  • 栄養バランスを整える

シャンプーは毎日しましょう。

その際、爪を立てずに洗い、すすぎはしっかり。

一生懸命洗いすぎて頭皮を傷めないででくださいね

頭皮は気持ちの良いと感じる強さで指の腹でマッサージしましょう。

食事の栄養バランスも大切です。

髪に良い亜鉛などのミネラルや、ビタミン、たんぱく質を意識してしっかりとりましょう。

これだ!簡単に女性の豊かな髪を取り戻す方法とは?

毛髪の太さの平均は0.08ミリです。

しかし、薄毛の人の平均は0.06ミリ。

たった0.02ミリの差ですが、頭髪全体となるとこの差がボリュームの差になるのです。

薄毛の悩みから解放される方法として、発毛促進の内服薬を服用したり、地毛移植をしたり、ウィッグを乗せたり。

しかし、自然治癒力が最も安全で安上がりですよね!

女性の豊かな髪は若々しさの象徴です。

頭皮を清潔に保ち、栄養をとり、ストレスを溜めないことが健康的な髪を保ちます。

⇒安全で安上がりな育毛方法はこちら

豊かな髪は、若々しさの象徴。

いつまでも健康的な髪をキープするために、今からできるケアを心がけましょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました