人工毛植毛と自毛植毛の比較!知らなきゃ怖いこと!!

薄毛に悩んで植毛しようか、でもその前に!

植毛する毛髪には人工毛と自毛の2種類があります。

人工毛を使えば自毛を採取する負担がなくなるんじゃない?

人工毛植毛と自毛植毛のメリットデメリットをよーく知らないと、後で後悔しても取り返しがつきませんから!

この記事を読むと次のことが解消されます。

  • そもそも人工毛とは?
  • 人工毛植毛と自毛植毛のメリットデメリット
  • 人工毛を使いたい人にはこれがお勧め!

女性の薄毛の根治には人工毛がオススメ!?

薄毛の悩みから解放されたい!

薄毛を根本から直せれば一生悩まなくて済みます。

植毛して地毛が生えてくれればこんなに嬉しいことはありません。

自毛植毛は毛根を移植するため、植毛後自分の毛が永久に生えてきます。

素晴らしい画期的な技術です。

でも自毛植毛は自分の毛根を切り取るから痛そう…

誰でも痛いのはイヤですし怖いですよね。

人工毛を使って植毛すれば頭皮を切ったりすることなく負担が減るのでは

そこで、人工毛を使用した植毛のメリットとデメリットを徹底的に調べました!

わぁ!怖い!女性の人工毛の植毛とは?

人工毛とは合成繊維(ナイロンやポリエステル)から作られています。

人工毛植毛のメリットは

  • 価格が自毛植毛より低め⇒しかし、維持コストがかかる
  • 即効性がある⇒地毛は生えそろうまで時間がかかる

しかし、とても怖いデメリットが!

  • 拒否反応によって頭皮が腫れ上がったり化膿してしまう。
  • 毛穴に黒く脂が溜まり定期的に脂抜きに通う必要
  • 1年で半分近く抜けてしまう

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」より

人工毛植毛術については,過去に多くの有害事象の報告があるため、米国の食品医薬品局は、人工毛自体を有害器具として指定し,人工毛の使用を事実上禁じている

人工毛(biofibre®)を用いた,133 名の被験者を対象とした観察期間 3 年間の症例集積試験において72),91.4%の症例では人工毛の脱落が10%以下,7.8%の症例で15%,0.8%の症例で20%の脱落であったと報告されているものの,長期間にわたり利益が危険性を上回るとする根拠は乏しい.

現在の植毛業界では、人工毛の植毛は殆ど行われていないほどなんです。

知らなかった!痛くない女性の植毛法があったなんて!

植毛を考えていながらも、人工毛を使いたい貴女は、自毛植毛が痛い!腫れる!高額!と思っているからだと思います。

しかし今では、技術は進み、自毛植毛が痛くない!腫れない!高額ではない!のです。

手術なのに痛くないってどういうこと?

植毛クリニックはたくさんありますが、その技術の差は天と地ほど。

生え際は自然に見えるように細い毛髪を植えるべきなのに、がっつり太い毛を植えてあって不自然で再手術しました涙

植毛専門クリニックだから大丈夫でしょ、と考えては失敗して再手術、また費用がかかり後悔のもとです。

優れたクリニックとは

  • 痛くない:切らずに毛根を取る技術と方法があるから。
  • 腫れない:埋め込む穴が極小で済む技術があるから。
  • 高額でない:技術が優れているため失敗がないので再手術がなく、メンテナンスの必要もない

⇒後悔しない自毛植毛クリニックはこちらから

それでも人工毛を使いたい貴女にはこれ!

人工毛の植毛はリスクが大きく、アメリカでは禁止されているほどだということがわかりました。

それでも地毛植毛には抵抗のある!でも増毛したい貴女に、リスクのない頭皮に植え付けない人工毛を使った増毛方法をご紹介します。

痛くなさそうで嬉しい!

国内の有名メーカーで取り扱っている人工毛を使った女性の増毛方法です。

  • 自毛に人工毛を結び増毛する方法
  • 人工毛が貼ってあるネットを頭皮に装着する方法

サロンも全国にあり無料体験もできますし、チャットで無料相談もできるので、不安な点は何でも直接問い合わせてみるのがいいですね。

人工毛を使いたい人⇒植毛はリスキーなので、安全な増毛がおすすめ

植毛したい人⇒技術が確かなクリニックで受ける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました